イベントロジーオンライントークVol.07「イベントと観光・奈良SDGs学び旅について」

関西の中でも特に古都奈良を中心に活躍されている川井様。関西は、大阪のみならず、周辺都市も元気です。そこでのコロナ後の未来を見据えた地方都市、奈良の活性化を通じて日本全体の地方都市活性化のヒントについてお話しいただく予定です。

ゲストプロフィール

川井徳子(イベント学会会員/ノブレスグループ 代表)

不動産業、観光業、IT・デザインなど6つの会社を束ねるノブレスグループの代表。壊れかけたビジネスや施設を「物語力」で再生させる。

京都にある「何有荘」を2006年10月に取得。2年余りをかけて庭園、邸宅ともに再生し、「クリスティーズ」が100%出資する「クリスティーズ・グレート・エステート」に日本の不動産として初めて出品し米富豪に売却。

宿泊施設版「ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良」 2012年版・2013年版において、不良債権物件を再生、経営する「ホテルアジール・奈良」が2年連続「快適」を意味する2つのパビリオンマークを得る。

2017年1月 人間国宝第1号「富本憲吉氏」の生家をリノベーションし、「うぶすなの郷 TOMIMOTO」としてオープン。

2015年より中村昌男氏らと「伝統工法(日本建築の匠の技)」をユネスコ無形文化遺産に登録する運動を始め、2020年に登録。 2020年11月 観光庁の実証事業の採択を受け、奈良教育大学を中心に県、市と協力し奈良でSDGsを学ぶ「奈良新しい学び旅推進協議会」を立ち上げる。

川井徳子

コーディネーター

田村匡(イベント学会個人会員/大阪成蹊大学教授)

1961年兵庫県生まれ。東京大学卒業、神戸大学MBA。建設省・国土庁、電通、スポーツコミッション関西事務局長等を経て大阪成蹊大学経営学部スポーツマネジメント学科及び同大スポーツイノベーション研究所教授(現在)。著書『スポーツツーリズム概論』(共著、2018年、ブックウェイ)、『スポーツSDGs概論』(共著、2020年、学術研究出版)など。

田村匡

開催日時

2021年4月21日(水)19:00〜

参加方法

オンライントークはイベント学会アカウントのzoomミーティングにて実施します。学会員はもちろんのこと、どなたでも無料でご視聴、ご参加いただけます。
視聴、参加を希望される方は参加申込みフォームよりお申し込みください。事務局より、ミーティングID、パスコード等をお送りいたします。

参加申込みフォーム