イベントロジーオンライントークVol.23「漫才で覚えるSDGs―お笑いを通じた社会問題の解決―」

2022年度最初のオンライントークは、吉本興業に所属されている芸人、お二人を招いて開催します。ゲストにお呼びしたのは、日本で唯一、フランス語で漫才ができる芸人コンビ、フランポネのマヌー島岡さん。そしてスペイン語でネタができ、イラストレーターでもある藤田ゆみさん。お二人は「お笑い」を通じた国際交流事業に取り組まれているほか、最近は「漫才で覚えるSDGs」として、お笑いを通じた社会問題の解決にも取り組まれているとか。大阪・関西万博でも活躍が期待されるお二人の活動について、じっくりとお話しを伺います。

ゲストプロフィール

マヌー島岡(フランポネ)

2002年9月から2012年までベルギーにある日系企業で勤務する。2012年に日本に帰国し商社での勤務を経験する。その後、商社マンから笑社マンを目指し2018年に吉本興業が運営する芸人養成所 NSCに入所する。翌年の2019年に国際夫婦漫才コンビ「フランポネ」としてデビュー、日本で唯一、フランス語で漫才ができるコンビとして知られる。一方で外国人向けに「漫才で覚える日本語」という授業方法を考案し、現在は日本だけではなく世界中にある日本語教育機関で講座を実施。

藤田ゆみ

2007年日本デザイン福祉専門学校・グラフィックデザイン専攻を卒業。制作会社でのデザイナーアシスタントや大手小売店での販売職を経験後、芸人を目指し2018年にNSC(吉本興業が運営するお笑い養成所)に入学。翌年2019年にデビュー。お笑いとアートを融合させた「アート漫才作成講座」を立ち上げ、デザイン専門学校で授業を行う。また、フリーのデザイナーとして大学や企業のお笑い講座のポスターやロゴデザインの制作も行っている。

担当コーディネーター

守屋慎一郎(イベント学会理事・副事務局長/合同会社企画室代表)

1995年、東京学芸大学卒業。同年、(株)コミュニケーション・デザイニング研究所入社。2010年、スパイラル/(株)ワコールアートセンター転職。展覧会、芸術祭の企画制作、文化施設の運営を行うほか、アートの視点からイベント、地域振興、都市開発等のプランニング、プロデュースを行う。2018〜20年、横浜商科大学兼任講師。2020年よりイベント学会理事・副事務局長。2021年1月(合)企画室設立。

開催日時

2022年6月28日(火)19:00〜20:30

参加方法

オンライントークはイベント学会アカウントのzoomミーティングにて実施します。学会員はもちろんのこと、どなたでも無料でご視聴、ご参加いただけます。
視聴、参加を希望される方は参加申込みフォームよりお申し込みください。事務局より、ミーティングID、パスコード等をお送りいたします。

参加申込みはこちらから