イベント学会
HOME
おしらせ
研究活動
研究大会
イベント学会について
入会のご案内
刊行物
おすすsめコンテンツ
会員紹介
リンク集
会員専用ページへ
イベント学会

 イベント学会発表論文集
研究大会や助成研究などで発表された論文は各年度の「論文集」に掲載されていますので、閲覧、購入することができます。
【閲覧方法】
・論文集は学会の事務局で閲覧することができます。
ご来訪の際は必ず事前に日時を予約してください。
閲覧時間は平日の10時〜12時と14時〜16時です。
・論文集の貸し出しやコピーサービスは行っておりません。
事務所の住所・電話番号・地図は、こちら
【購入方法】
・ご希望の論文集の発行年度を指定してメールで購入申込みをしてください。
・各年度とも1冊2,000円です。(郵送料を含みます)
・お支払いは郵便振替でお願いします。(指定の払込取扱票をお送りします)
〔事務局アドレス:info_info@eventology.org
 2004年度助成研究
発表者 研究タイトル 研究方法
(社)イベント産業振興協会
岩崎 博
(社)電通
栗原 毅
イベントの評価指標に関する研究 理論構築・シュミレーション
研究発表概要 研究分野 引用文献
広告媒体やITには基本的な効果指標があることによりビジネスの健全な成長が図られている。イベント業界には信頼の置ける指標ないため、イベントに対するアカウンタビリティへの要請にも応えられないばかりか、イベント業界の健全な成長を図れられずにいる。
北九州市で行ったイベント評価調査を中心に、自治体でのイベント評価の動向を考察している。
イベント効果 無し

発表者 研究タイトル 研究方法
(社)アートランド、 桜美林大学加齢・発達研究所
高田佳子
退職高齢者の生活変容にイベントが及ぼす影響 ディテールインタビュー調査
修正版グランデット・セオリー・アプローチ(M-GTA法)
研究発表概要 研究分野 引用文献
高齢化社会では元気で多くの自由時間を持つ高齢者が、経済・産業・文化・風俗はもとより、イベントにも大きな影響を与える。
本研究では男性退職者がイベントをどのように捉え、何を期待し、どのように関わっているかを調査し、退職者の基本行動・イベント観・豊かに暮らしていくためのノウハウ等について、分析している。
高齢化社会のイベント観 『GTA法の実践・質的実証研究の再生』木下康仁 弘文堂 2002
『サクセスフル・エイジングの条件』柴田 博 日本老年医学会雑誌39(2) 2002、等 多数

発表者 研究タイトル 研究方法
東海学園大学
工藤康宏
順天堂
野川春夫
(社)日本ウォーキング協会
桜井 学
サッカーワールドカップ後の地域活性化の研究 オフィシャルキャンプ地の「人口」「法人税」「観光客」をもとに地域活性化を分析。
研究発表概要 研究分野 引用文献
イベントを起爆剤として、地域の活性化を図るためには、イベント後の魅力的なポストイベントが急務である。
そこで、2002FIFAワールドカップのオフィシャルキャンプ地にはどのような効果をもたらしたか、またポストイベントの現状を調査し把握することを、研究の目的としている。
ポストイベントは国土交通省の資料やインターネット検索で調査した。
地域政策 『国際的イベント等がもたらす資産を活用した地域活性化に関する調査』国土交通省 平成15年度地域活性化施策推進費
『ワールドカップキャンプ地と地域活性化ーフランス大会キャンプ地を例としてー』木田悟 日経研月報 (財)日本経済研究所、 等 多数

発表者 研究タイトル 研究方法
失敗学会
飯野謙次
失敗知識の活用
〜イベントを成功に導く法則〜
事例研究
研究発表概要 研究分野 引用文献
2000年に畑村洋太郎先生が発表した『失敗学のすすめ』を発端に、失敗学が成立した。
失敗の必要性やハインリッヒの法則にもとに、失敗をどのように活かすかを考察している。
イベントマネジメント 無し

発表者 研究タイトル 研究方法
(有)エスシー・プランニング・オフィス
岩崎 博
イベント評価の研究
〜評価研究の現状と研究方向〜
事例研究
研究発表概要 研究分野 引用文献
イベント評価マネジメント研究会の紹介やイベント評価の事例として、電通のD.E.E.Mや日経BPのブースイメージ調査および(社)日本イベント産業振興協会のE-Valueについて紹介している。 イベント効果 無し

発表者 研究タイトル 研究方法
(社)日本ウォーキング教会
木谷 道宣
「ウォーキング大会」全国展開におけるイベントマネジメント 事例研究
研究発表概要 研究分野 引用文献
「日本歩け歩け運動協会」や「日本スリーデーマーチー」の活動報告、および日本スリーデーマーチーイベントのマネジメント方法について考察している。 イベントマネジメント 無し

発表者 研究タイトル 研究方法
(財)静岡国際園芸博覧会協会
橋本 茂
「浜名湖花博」におけるマネジメント点検 事例研究
研究発表概要 研究分野 引用文献
「浜名湖花博」において、観客に良い「環境」の中で「感動」していただくために、どのような会場つくりやマネジメントを行ったかについての報告。 イベントマネジメント 無し

発表者 研究タイトル 研究方法
(有)オフィスまとば
的場明美
地域の若者と若手俳優が創るシェイクスピア劇
ー志のマネジメントー
ディテールインタビュー調査
研究発表概要 研究分野 引用文献
演劇は生身の演じ手と観客が出会う場でもあると言う理念から、小豆島でプロの俳優と島民が共演する芝居を上演する<島プロジェクト>を行ってきた。シェークスピア劇『真夏の夜の夢』の上演を通じて、プロの俳優と地元住民にもたらした効果について考察している。 イベントマネジメント 事例研究
 
||    HOME     ||    お知らせ     ||    研究活動     ||    研究大会ニュース     ||    イベント学会について     ||
||    入会のご案内     ||    刊行物     ||    おすすめコンテンツ     ||    会員紹介     ||    リンク集     ||
   
Copyright (C) 2001-2009 Japan Institute of Eventology